今日は、京都国立近代美術館で「ゴッホ展」です

今日は京都国立近代美術館の「ゴッホ展」です
このブログを始めた頃にも京都でゴッホ展がありましたね
⇒ゴッホ展へ (京都) 『空白のパリを追う』

混雑してるでしょうから、朝早めに行動しましょうか
家を9時過ぎに出て、美術館へ向かいます
美術館の外で少し(10分ほど)待ちましたかね 中でも10分ほどですね
観賞する流れは、スタートからスムーズでした 日本の浮世絵を展示していて
ゴッホが影響を受けたことが判るような展示になっています
ゴッホにとって日本は、創意の源であり、夢にまで見た理想郷だったことが判ります
最後の展示は、日本人の画家たちがゴッホに憧れてその地を訪れた記録(芳名録)が
残されていました

会場のロビーに看板             建物の前の撮影スポット
会場のロビーに看板  建物の前の撮影スポット

京都国立近代美術館です          ここにも看板がありました
京都国立近代美術館です  ここにも看板がありました

六曜社珈琲店 地下のお店         六曜社珈琲店の店前
六曜社珈琲店 地下のお店  六曜社珈琲店の店前

前回のゴッホ展と同じで、六曜社珈琲店に寄りました
ハウスブレンドコーヒーとドーナッツの組み合わせ ホッとした気分になりますね

ごちそうさまでした

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美術館へ行こう - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ♪
ベイクドチーズケーキ 奥様の手作り
美味しかったでしょうね~

ゴッホ展 私も気になってるところです。
沢山の人出でしたでしょう~
六曜社珈琲店 河原町でしたか?
レトロな雰囲気がいいですね。

sheep☆さんへ

こんにちは、sheep☆さん
はい、しっとりしたチーズケーキ、クリーミーな味で食べやすいです

ゴッホ展、思ったより人が少ないでしたよ
展示されている作品も楽しめますし、久しぶりに満足できた展覧会でした
六曜社珈琲店は、三条河原町です 1階と地下の2つのお店があります
そうですレトロなお店です

No title

こんばんは(^^♪

“巡りゆく日本の夢”、
こちらでは昨年開催され、見に行きました。
作品と浮世絵との関係や日本に対するイメージが
良くわかる構成で分かりやすかったです。

鑑賞後に珈琲店でホッと一息。
感想を語り合えて良いですね。

はるさんへ

おはようございます はるさん
京都が最後のようですね
はるさんもご覧になりましたか、面白い展示構成でしたよね

> 感想を語り合えて良いですね。
何も話しませんよ ただただ、黙って食べて飲むだけです
喫茶店で会話するほどの話がないですね(笑)

No title

こんにちは。

ゴッホと浮世絵ですか、人が感銘を受けるのに国なんて関係ないと言うことですね。
面白そうな展示の仕方です。
色んな角度から楽しめますね。

miyazyyさんへ

こんばんは、miyazyyさん
ゴッホが浮世絵の影響を受けて絵を描いていた事が良く判りました
浮世絵らしい構図や陰影を排除し、鮮やかな色で構成したりしています
判りやすく解説もされていましたから楽しめましたよ

No title

ゴッホは日本の浮世絵に憧れてマネして描いていますね~
漢字も見様見真似だけど、その気持ち、わかるわぁ~なんて

日本人も外国の文化やセンスに憧れて来たけど、憧れられる側も嬉しいものです

ラーダ・ドゥーナさんへ

こんばんは、ラーダさん
そうなんです この展覧会の構成もそのような流れになっていました
ゴッホが憧れた日本の浮世絵
後半は、ゴッホに憧れた日本人の画家たちです

良い物は、良いと言う事ですね

No title

ゴッホが憧れた日本の絵、
浮世絵って、すごいですよね。
私は、浮世絵の写真集をながめるのが好きです。

ゴッホと同じです (笑)

絵画をみたあとのスイーツはほっとしますよねえ。
充実した時間を過ごされましたね。

森須もりんさんへ

こんにちは、もりんさん
ゴッホは人気があるので、人が多いかと思っていましたが
丁度良い人数でしたね 見やすかったです

六曜社珈琲店に行ったのは、昔のブログの行動パターンを
なぞって見たかったのです
プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR