京都国立博物館で「琳派」

京都国立博物館で「琳派」を見学します
9時30分に到着しました 外の道に並んでいます 後ろに付きます
ゲートを入るとチケットを事前に買っていたので、券売所へ行かずに入り口に
向かえます 入り口から建物を見ると行列が続いています
建物の中にも人が、1周まわっている行列が見えました

予想通り長い行列です            こちらは閉館中です
京都国立博物館   2015-10-27(2).jpg

待っている間に写真を撮りました     建物の入り口に着きました
琳派の看板  ようやく入り口です

並んでから25分で建物の入り口までいけたので我々は楽でしたがその後に並んで
いる人は、もう少し並んでいたようです
建物の中は5分ごとに前に進むようでした 中では20分待ちましたが
思ったよりは、意外に早かったです
込み具合は初めの展示がある3階は混雑していましたが、メインの2階からは
自分のペースで見やすかったです
特に風神雷神の3作並んでいる会場は、思っていたよりゆっくり見れました
やっぱり俵屋宗達の作品がいいですね 顔料が違うのでしょうか 描かれている
色味が違い過ぎます 光琳はポスターカラーのような色です
それと、最初に描いた物と模写した物の勢いの違いもありますね・・・たぶん
3階から2階、1階と見てきましたが、沢山の作品で疲れました
興味のある作品を見るだけでも楽しいと思います
尾形乾山の焼き物も楽しめました、書も楽しめます(家内)

出口にパネルがありました         買えなかったお土産 光琳虎 羊羹
風神パネル  とらや 光琳虎 羊羹

買わなかったトラりん グッズ       買ったお土産  一筆箋 中村芳中
トラりん  2015-10-27(17).jpg

トラりん ぬいぐるみが可愛らしいですね 本物のトラりんよりいいですよ・・・たぶん

ミュージアムショップから出て、レストラン「ザ・ミューゼス」を思い出しました
お昼の候補の1つでしたが、今日はやめておきます
お昼を食べる前に養源院(ようげんいん)も見学します

養源院 山門                 紅葉には、早いですね
養源院 山門  養源院 境内

あと、2週間はかかるでしょうか 紅葉の見ごろはたくさんの人が来られるでしょうね
紅葉 少し色付いてます  紅葉 ほんのり赤色

拝観したら記念に絵葉書一人1枚 2人で2枚いただきました
絵葉書

養源院さんには、俵屋宗達の作品が飾られています 今日は国立博物館からの
流れで見学者が多いですね
絵葉書の唐獅子は先ほど国立博物館に展示されていました
こちら養源院さんは原寸写真パネル展示です
養源院を見学してお腹もすいたので、お昼にします

近くのお店 手作りの洋食屋 さん  カキフライセットにします
カキフライ  手作りの洋食屋さん 里

IL PAPPALARDO(イルパッパラルド)さんのお隣のお店です
イルパッパラルドさんは今日、火曜日はお休みです
こちらも、人気のお店です お客さんで満員でした
今はハロウィンのメニューになってました 美味しくてお腹いっぱいです
デザートは別のお店に行って食べますからこのお店では我慢します
向かったのは、これも近くの「清水一芳園」さんです

清水一芳園さん                抹茶ぜんざい
清水一芳園さん  抹茶ぜんざい

ちょっと抹茶パフェ              香檳烏龍茶(シャンピンウーロン)
ちょっと抹茶パフェ  香檳烏龍茶(シャンピンウーロン)

香檳烏龍茶(シャンピンウーロンチャ)は帰ろうとしたらサービス?で出ました
もちろん、ありがたくいただきました
お味は、さわやかな紅茶のような、ウーロン茶のような味です

帰りに伊勢丹のとらやさんに寄りましたが、光琳虎は売り切れでした
諦めて帰ります

今日の琳派の〆にビールを飲みます
琳派記念缶

ごちそうさまでした












関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美術館へ行こう - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

ああ、いいないいな。

すばらしく充実した時間を満喫ですねえ。
これは上質な時間だったことでしょう。

私もみたいです。
昔、こんな壮大な表現ができたのですねえ。

森須もりんさんへ

おはようございます 森須もりんさん
見学が終わって建物の外に出たのが12時過ぎでした
その時の行列は、建物の中位で20分ほどで見学できたようです
平日なら時間帯に寄ってあまり並ばなくて良いとおもいます
ぜひ、都合がつけば、見てください

こんにちは。

抹茶ぜんざい初めて聞きました。
お抹茶にお餅だけですか?
これはデザートになるのでしょうか??

未来さんへ

こんにちは、未来さん
作り方ですが、たぶんこんな風でした
小豆の粒が出来るだけつぶれていないように餡を作ります
器に餡を入れます そこにお薄を入れます (別の器でお薄は作り、注ぎます)
焼いたお餅を上に乗せます 以上
お薄はしっかりした味でしたので、少し抹茶が多めに点てて、いるかもしれないですね
この辺は好みの味にしてください
大人の味です 甘いおぜんざいとは、違いましたが、それはこのお店だからです
クックパッドなのでは、いろいろなレシピが載っています
プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR