清水焼の郷まつり

今日は、京都・山科の清水団地へ「清水焼の郷まつり」に行きます
⇒去年の清水焼の郷まつり ブログ
JR山科駅からバスで清水団地まで バスの乗客数は座席数と同じぐらいで
座って行けました
最初にチラシをもらって、重松康夫さんと川戸圭介さんのブースの確認です

右横の小さいチラシがMAPです     MAPを広げてみました
清水焼の郷まつり チラシ  清水焼の郷まつり MAP

重松康夫さんのブースは分かりやすい場所にありましたので、先に顔を出します
建水を見せてもらいました 実物は惚れ惚れしました 言うことなしです

自宅で撮影  左側                  右側
建水 その1  建水 その2

急須・土瓶が沢山出品されていたので、お話を伺うと
常滑に行って勉強されて来たそうです 2~3、見せてもらいました
急須に水を入れてキレを試されたのですが、スパッと水切れします
その試した急須をキープして帰りに受け取る事にしました

今使っているお湯飲みに合いそう     急須 持ち手が握りやすい
急須と今の湯飲み  急須

川戸さんのブースは丁度お客さんと応対されていたので、先に会場を1周りします
知っている(買ったことのある)作家さんが沢山になってきましたね
かなりのブースで写真撮影禁止の表示がされています
デザイン性の高い作品は当然ですよね

白いぐい呑みは、去年買ったぐい呑み 1個では使いにくい そこで今年も買うことに
ぐい呑み 去年と今年  ぐい呑み 今年、買いました

デザインや大きさは違うのですが、同じ作家(木下和美)さんなので雰囲気は
合っています これで、2つになったので使いやすくなります

お天気が良くて暑い日になりました    雨の心配をしていましたが大丈夫です
会場風景 その1  会場風景 その2

「ギャラリー洛中洛外」さんの2階へ 作家さんの作品が置いてあります
目の保養をして楽しみました おまつりなので、2階は、消費税分だけ値引きする
そうです

ちょっと面白いお皿があったのですが釉薬の具合が3枚ともかなり違います
在庫があれば、見せてもらって程度が同じぐらいの物を2枚揃えたかったのですが
今出ている3枚だけしかなくあきらめました

ぐい呑みで欲しくなったものが見つかりましたが、保管する場所がないです
珍しく我慢が出来ました

川戸さんのブースへ戻ります

試作のぐい呑み 大きさ、羽の位置など違うもの
川戸圭介さんのぐい呑み

川戸さんが奥から試作品を持って来ました
奥に写っている金色の羽のぐい呑みを見せてくれたのですが
写真では真っ直ぐに見えるのですが底が広く口が狭く感じましたので
ちょっとイメージと違うと言うと色は付いていないがと3個見せてくれました
川戸さんもいろいろ作ってみたくなったそうです
背中に羽が生えている右のぐい呑みはデザインは引かれますが
持ちにくい(笑) 器から羽が飛び出ていない真ん中で決まりました
あと、羽が水平でなく上に向いているようにしてもらって羽にはやはり
色があるようにと細かい事を言ってしまいました(笑)
これで、冬には天使のぐい呑みが使えそうです

明日、実家に行くのですが、父にぐい呑みをプレゼントしようと言う話になって
ギャラリー洛中洛外さんの2階へもう1度向かいます

六瓢図ぐい呑み                ぐい呑み3つ            
六瓢図ぐい呑み  ぐい呑み3つ

南天の絵、竹の絵、瓢箪の絵の3つとも良かったですが、1つとなるとこのぐい呑み
でしたね
明日、渡すので箱書きは後日郵送してくれる話になったので、購入を決めました

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:和食器をたのしもう! - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

陶器市、楽しそうですね~
「こういうのが欲しい」という目標があると楽しいですね。「探す」という目的があって・・・。

残念ながら、うちはもうこれ以上スペースがないです。ただでさえ数が多いのに・・・。

でも、つい見たくなる~

作家もの、私もそろえた事があります。
磯和秀さんのトルコ青皿です。
目にも鮮やかな釉薬でパッと気に入りました。
翌年は同じシリーズの小鉢を揃えました。

なんと「やきものの事典」という本に載ってましたが、ご本人は知らなかったそうです。

出版社とか作家に連絡しないものなんですかねぇ・・・

天使のぐい呑み・・・。確かに可愛いけど・・・。

でも、実用品は使いやすくないとねぇ・・・

ラーダ・ドゥーナさんへ

おはようございます ラーダ・ドゥーナさん
昔のように5客揃える必要がないので、陶器市は楽しみになりました
今回、お湯飲みとお皿を探していたのですが、結果は違う物を買っています(笑)

新しいお箸置きも見ましたが、こちらは仕舞うスペースがないので買えませんでした

No title

おはようございます。

清水焼のイメージがすっかり変わりました。
きれいな緑色(もっと他の言葉があるのでしょうね)ですね。
まるで抹茶みたいな色が出ています。

ところでヨッシィーさんはお茶をされるのですか?
建水は何に使われるのですか?

coco21さんへ

おはようございます coco21さん
あの器は、織部焼きです 「清水焼の郷まつり」なんですが色々な焼き物が出ています
作家さんは京都生まれ京都育ちの方ですけどね

ヨッシィーは茶道を習ったことはありません 家内が習っていた(過去の話)
ので、お薄を時々飲みます
お茶碗は好きなので、色々買って楽しんでいます

建水はお酒のために買いました
お酒を冷やす、または温めるために器を使うのですが、鉢やボールでは
底が平らでないのでチロリが倒れてしまいます
食卓に置いておくので見た目が良くて、底が平らな器がたまたま建水なのです

こんにちは

急須の水切れが良いのは、気持ちが良くていいですね。
この急須を使うと美味しいお茶になりそうですね^^

ぐい呑み 真ん中のは南天ですか?
これ好きですねぇ。
羽のついたぐい呑みも、ヨッシィー さんと同じ真ん中のが良いなぁと思います。

No title

こんにちは。
陶器祭り、お気に入りの器と出会えると嬉しくなりますね。
一つ一つ増えていく楽しみもあります。
日ごろから良いものを見る目を養い心を豊かにして過ごせたら・・・と思っています。

こんにちは

ああ、ヨッシィーさん、ほんとうに充実した
豊かな気持ちになれる時間を
お過ごしですね。

どれもすてきですね。
急須が、いいなあ♪

花梨さんへ

こんばんは、花梨さん
作家さんが自信があったのでしょう おねがいしていないけど
わざわざ水を入れてくれたので、試してみました
土が常滑とは違うので、それなりに苦労はあったようです

ぐい呑み、南天の赤い実が表になっていませんでしたね
すみません瓢箪しか見ていませんでした(笑)
瓢箪の次は南天が良かったですね

羽付きのぐい呑み最終打ち合わせが終わったので、あとは
出来上がった連絡を待つだけです
琵琶湖ホテルに来られるのでその時に連絡が来ると思います

こんばんは。

お願いした、陶器市のUP、楽しみました。
ありがとうございます。

お写真の撮影が、禁止のところ、
御無理を申し上げてしまって、
申し訳ありませんでした。

陶器市、お写真を見ているだけでも
ワクワクします。
手にとったり、持っているものとの
組み合わせなどを、思いながら選ぶのも
楽しそうですね!

息子たちが巣立ったら
陶芸を趣味にしたいと思っているので
陶器市で、まずは勉強するのもいいのかなと
思ったのですが、ご案内など
どちらで見つけられるのですか?

サヨさんへ

こんばんは、サヨさん
今は2人分の器なので5客セットを買わなくて良いので、探し易くなりました
前もって湯飲みとかお皿とか決めて行っても見つかった事がありません(笑)

買わなくてもよい物を見ておくことは大事ですね 納得しました

森須もりんさんへ

こんばんは、森須もりんさん
昨日は、買い物スイッチが入りましたね(笑)

湯飲みを探して急須を買うなんてと言うことは
置いて置いて、良い買い物でした

keiさんへ

> お願いした、陶器市のUP、楽しみました。
> ありがとうございます。
> お写真の撮影が、禁止のところ、
> 御無理を申し上げてしまって、
> 申し訳ありませんでした。

こんばんは、keiさん
商品が撮影禁止なので全体を撮るのは大丈夫ですよ
商品を撮っているブースはお願いして許可してもらいました
人が後ろ向きの時に撮ったので、雰囲気が伝わるでしょうか

出かけている陶器市は、関西の3か所だけです
関東方面の陶器市は判らないのですが、ネットで簡単に検索出来ると思います

No title

焼き物大好きです・・・・・

日本の温かい 滋味豊かな
大地の恵をしっかりと受け止めてくれる
そんな存在だと思います・・・・

マルチ君の母さんへ

こんばんは、マルチ君の母さん
焼き物大好きですか 見ても使っても楽しいですね

陶器市は、買わないけど面白い器なんかを見るのが楽しいです
可愛らしい置物など絶対買いませんが見ますね

No title

こんにちは(^^♪

すっかり目の保養をさせていただきました。
建水、細部にまで趣向が凝らされていて
手元においてずっと見ていたい作品です。
急須、キレの良い注ぎ口は良いですね。
角度など研究されたのでしょうね。

羽のついたぐい呑み、楽しそうですね。
天使のぐい呑み‥ネーミングも新鮮。
ただ、お父さまへの贈り物のぐい呑みを
見てしまうとやはりこちらのほうに惹かれます。
手のなじみも良さそう、きっとお喜びになられたのでは
ないでしょうか。

はるさんへ

こんにちは、はるさん
本当に見飽きない織部焼です 大きさしか指定せずに
デザインはおまかせだったので、余計にそう思うのかな
急須の口 角度とかなにかあるようです
釉薬でもある程度はキレが良くなるけど根本的なところを
改良されたようです

プレゼントのぐい飲みの絵が気に入ったので
保管場所を確保して南天と竹も買いたいですね
保管場所は、頭が痛い
買い過ぎないように歯止めができます(笑)
プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR