菊花最中  重陽の節句のお菓子

今日、九月九日は、重陽の節句
重陽は五節句の1つですが、一番忘れられているようですね

今日のお酒は第3のビールでしたので、菊花酒という風流なことはできませんね
代わりに和菓子をいただきました

たねやさんの『菊花最中』  容器が凝ってますね 中に最中と餡子が入ってます
たねや 菊花最中  たねや 菊花最中

おままごとのようです 作りたて最中  手で摘まんでいただきました
たねや 菊花最中 作りたて  菊花最中 いただきます

たねやさんの最中『ふくみ天平』と同じように、作り立てに、こだわっているようです
食べる時は、手で摘まんでいただきました 写真では小道具の黒文字を出しましたが使っていません

最中の餡は「小豆」「白小豆」「胡麻」でした どれも美味しかったです
また、食べる時は勿体ないので、半分に割って2倍楽しみました(笑)
作りたてなので、最中がパリパリ 香ばしいです

ごちそうさまでした


写真を撮ってアップしていなかったので
この前の大津100円商店街で、買った 藤屋内匠さんの『大鮎』です

焼き魚用の器に乗せてみました  あっ お箸を忘れていた
藤屋内匠 大鮎

ごちそうさまでした
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ヨッシィーさんこんばんは
洋菓子と違い、和菓子は季節感があるので見てよし、食べてよし。日本人の手仕事の繊細さが伝わるので好きです…ただ餡が苦手は私は眺めるだけ。夏に出る涼しげな抹茶餡の水まんじゅうは大好きなんですが(^^)
最後にお皿と鮎のお菓子の雰囲気あっているなーと思いました

minnanouchiさんへ

餡子が苦手ですか・・・それは、何とも残念ですね

洋菓子でも秋ならモンブラン春にはイチゴのショートケーキ
とか年中出ている商品でも季節を決めるとか、どうでしょうか

大鮎は中は求肥(羽二重餅のよう)ですから、大丈夫かも
大鮎はお菓子にしては大きいので、焼き魚に使っている
長方形のお皿にして、みました
プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR