憧れの黄瀬戸 ゲット

11月の終わりに行った「ギャラリー船岡」さんへ今日、久しぶりに行きました
1月に前を通った時は、日本画でしたので入りませんでした
また、2月の時はお休みでした (たまたまでしょうが)
今日は常設展で、個展ではありませんでした

備前焼の陶芸家さんのお話を聞かせてもらい、珈琲までごちそうになりました

帰りがけに、11月に見て気になっていた黄瀬戸の片口(お銚子)があったので、
そそぎが良いか聞いてみると実際にお水を入れて試させていただきました

キレがいい ものすごく注ぎやすいです

そく、購入 また買っちゃいました

作家さんは『各務賢周』さんです ご存知の方が多いと思いますが各務周海さんの息子さんです

丁度、1合入ります
各務賢周 黄瀬戸片口

写真用に食器を選んでみました

ごちそうさまでした



備前焼の作家(中村六郎)さんの話を聞いたのですが、その時中村六郎先生の写真も見せていただきました その中に雀口の可愛らしい急須が写っていました

船岡さんにその事を言うと奥から急須を持って来られました
少し傷んだらしく金継ぎがされて、大事にされていました

可愛らしい急須で、六郎先生はこれで、上手にお茶を注がれていたそうです

雀口は注ぎ難い形ですが、垂れたら手で撫でてあげると良いと六郎先生は言われたそうです たしかに、そうですね

上手に注げるように練習するのもありですし、器を愛でて育てるもありです
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:和食器をたのしもう! - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

黄瀬戸ですか 渋いですね

>そそぎが良いか聞いてみると実際にお水を入れて試させていただきました

これって親切ですね 中々こういう事までして下さいません
注ぎが良いかどうかは重要な事です

組み合わせのお皿好きな配色です
器は非常に興味があります^^
お雛様のはし置きも良いですね 和みます^^

Re: No title

はやとうりさんへ
コメントありがとうございます

厚かましくもお願いしたのですが、心配することもなく、「どうぞ、どうぞ」と言う感じで、確認できました
前に別のギャラリーで購入した片口がキレが悪く、飾っているだけになっていたものですから

はやとうりさんのブログも料理が美味しく見えるように食器に気を使われていますね
我が家でも、いつもは適当ですが、たまに料理と食器を楽しんでいます

プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR