伊賀上野の鈴木大弓さんの窯へ

この前の日曜日は、伊賀上野まで、出かけました
鈴木大弓さんが信楽から伊賀上野に移られたのです
伊賀上野のお家には、初めての訪問です 4月の初めに伺う予定でしたが
その頃は、神戸大丸での作陶展でしたので、この前の日曜日になりました
⇒神戸大丸 作陶展 に出かけて行った時のブログ

大津から伊賀上野に行く電車の連絡はあまりよくないですね
柘植駅で草津線から関西本線に乗換えが30分以上待ちました
でも、ホームに忍者が隠れていました ホームの待合室もとっても広いですよ

柘植駅のホーム                忍者がいっぱい隠れています
柘植駅のホーム  柘植駅のホームに忍者

伊賀上野の家                 我が家に仲間入りした小鉢たち
2017-04-25(03).jpg  2017-04-25(04).jpg

伊賀上野駅まで鈴木さんが来てくれて、申し訳ありません ご厚意に感謝です
その時、瀬戸の山口真人さんが来ていると聞きました
22日(土)には、信楽の澤さんの窯で、皆さんで登り窯の火入れだったようです

伊賀上野の家から遠くに伊賀上野城が見えます 見晴らしが、良く
それも、ここを借りる決め手になったと話してくれました
借り手が、数組あったようですが、鈴木さんに決まったようです

作業場もとっても広いですが、いろいろな道具や機械で埋まっていました
登り窯が家の隣にあります 朝宮の時は、1分ほど離れていて、作品を運ぶのが
大変だったようです
作品を割ったり、雨が降っていると窯入れも億劫になったりと言われてました

今日は、個展の時に見せて頂いた四角鉢を見てみます
色味と三島手の型押し文様もあるので、迷いますね 棚から4つを見ていたら
隣の扉の奥にも4つほどあったので、また選び直しでした(笑)

棚に足つき小鉢は、1つだけでした 隣には、少し大き目の鉢がありましたが
これは、我が家の好みとは、ちょっと違いますね
鈴木さんがそれなら向こうにありますよと3つほど持って来てくれました
まだ、「目」が付いています 目とは、焼くときに作品の間に置く粘土の事です

この小鉢にも、縁を感じましたので、こちらも購入と言う事にします
脚付き小鉢を作陶展で見て、次はこれかなと思っていました 使いやすそうですね

四角鉢は、角からお酒が飲めると教えてもらったのです 思い付きもしませんでした
そう聞いたら、飲み助の我が家は、途端に興味が湧きました
あの作陶展で、言っていた意外な使い方は、丸い氷を入れて、お酒を飲む事でした

脚付き小鉢                   四角鉢でハイボール
脚付き小鉢 イチゴのデザート  四角鉢でハイボール

この後、信楽の陶成ギャラリーに寄ると話していたら、電車では遠回りだし
お二人も朝宮に行く予定なので一緒にと言われました
朝宮にはまだ鈴木さんの道具が置いているので、それを取りに行くそうです
と言う事で厚かましく、信楽まで車で一緒に行くことになりました

信楽に着いてからのことは、明日に続きます
スポンサーサイト

テーマ:陶器が好き♪ - ジャンル:ライフ

プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR