日本酒の加水調整

今日も喜多酒造さんの喜楽長 本醸造 生原酒をいただきます

今まで、試したことはないのですが、加水調整をしてみます
ネットで調べて見るとこんな計算式が載っていました

1合は、180mlで、普通のアルコール度数は15度ですね
[全体量]×[アルコール濃度]=[アルコール量] 
180ml x    15%    = 27ml
アルコール量は27mlとなります
アルコール度数20度のこのお酒ならアルコール量が27mlになる量は
[求める原酒の量]×[原酒のアルコール濃度]=[アルコール量]
   X(エックス) x      20%       =  27mlとなり
X(エックス)は、135mlです
180ml から 135mlを引いた45mlが加える水の分量になります


加水調整をします               今日の晩ご飯
加水調整します  今日の晩ご飯

今日の晩ご飯
筍の煮物 ほうれん草の胡麻和え ブリの塩焼き
喜楽長 本醸造 生原酒 加水調整をしました

飲んで見ると、柔らかな味になっています スイスイと飲めますね
アルコールが高くて、ガッツンと来る味が好みの方もいますね
どちらが美味しいかは、難しいですね

ごちそうさまでした

スポンサーサイト

テーマ:滋賀の地酒 - ジャンル:ライフ

プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR