ラフォルジュルネ 最終日

ラフォルジュルネも最終日になりましたね
チョット振り返ってみましょうか

前夜祭
2017-04-30(01).jpg  2017-04-30(02).jpg

「カミルナ・ブラーナ」 200人以上の合唱のコンサートは初めてですね
1曲目と最後の25曲目が、繰り返しです この曲はドラマやCM でよく耳にします
楽器と合唱のうねりが音の固まりになって来ます
でも、この部分以外は、知らない旋律ばかり(笑)

初日のラフォルジュルネ びわ湖

家内だけが行った書道            雨で中止になった屋外会場
2017-04-30(03).jpg  2017-04-30(04).jpg

キヨスク ロビーコンサート会場      滋賀県知事と沼尻さん
2017-04-30(05).jpg  2017-04-30(06).jpg

沼尻竜典さんがピアノ  砂川涼子さん(ソプラノ) で歌劇「死の都」
2017-04-30(07).jpg  2017-04-30(08).jpg

お昼前の書道パフォーマンス 今年は、打楽器のリズムとコラボだったようです
湖畔広場で大津高等学校吹奏楽部の演奏の予定でしたが、突然の嵐で中止
準備していたのに、生徒さんたちは、ガッカリだったでしょうね

びわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典さんが紫綬褒章を受章したので、滋賀県
知事を招いてセレモニーがありました
セレモニーの後は、10分遅れでキヨスク(ロビー)コンサートです
沼尻さんのピアノですから、大勢のお客さんで、満員ですね
途中で、大ホールのコンサートの開演10分前になったので、大ホールに行きます
大阪フィルハーモニー交響楽団 大植英次さん(指揮)です

最終日
キヨスクコンサートが終われば、大ホールに 大ホールが終わればキヨスクに
それで、今年のラフォルジュルネも終わります

キヨスクコンサート びわ湖ホール声楽アンサンブル
びわ湖声楽アンサンブル

今日も、大ホールでウラル・フィルハーモニー管弦楽団 ドミトリー・リスさん(指揮)
魔法使いの弟子やボレロと言うお馴染みの曲でした

びわ湖ホール3/4大テノール        少年隊の仮面舞踏会
2017-04-30(10).jpg  2017-04-30(11).jpg

今日のキヨスク(ロビー)コンサート 昨日の沼尻さんの時より人が多いですね
びわ湖ホール声楽アンサンブルも4大テノールもお馴染みなので人気がありました
最後は、3/4大テノールのコンサート 山本さんはイタリアに留学中です
関西らしく、今年も笑いの要素を取りいれて、楽しいコンサートでした

今年のラフォルジュルネが、終わりましたね

スポンサーサイト

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

久しぶりに551蓬莱の豚まん

関西ではお馴染みの551蓬莱の豚まんですが、関西地区しか売っていません
滋賀県草津の近鉄百貨店が東の端です
工場からの配送時間が150分という理由だそうです

しかし、草津から電車に乗って持って帰るのは勇気がいります
それは、ネットでこんなことが言われているからです
『電車乗る時551の紙袋持ってる人いたらなるべく遠くの席座るよね(笑)』や
『誰や!551の肉まんもって電車乗ってるの!』とか『電車の中551テロ』
『今日も電車が551の肉まん臭ー みんなどんだけ買ってんのよ?』です

また、うっかり電車に持ち込むと
『電車の中で551の豚まんをもつ恥ずかしさ初めて知った』や
『電車内、周りからの視線が痛かったけど何とか耐えた
 551の豚まん持って電車乗ったらダメね』

関西人でも、こう考えてしまう食べ物なんですね
お互いさまと考える事も出来るように思うのですが、ニンニクの匂いと同じですね
前回は、知らずに電車に持ち込みましたね(笑)

と言う訳でお天気も良いから自転車に乗って草津まで買いに行きました
途中で新聞に載っていたプリンスホテルの芝桜を写真に撮りました
このあと、午後から嵐になるとは、思いませんでしたね

芝桜とびわ湖
芝桜とびわ湖

豚まんは、偶数個              豚まんにはウスターソース
551蓬莱の豚まんは、偶数個  豚まんには、ウスターソース

大人は、ビールと一緒に          皮の部分も美味しいです
大人は、ビールと一緒に  皮の部分も美味しいです

ブログを見たら、前に食べたのは、1年6ヶ月前でしたね
ウスターソースで食べる方法は、家内のお勧めの食べ方です

ごちそうさまでした

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017 2017 前夜祭

今日から、5月連休です 連休明けもしばらくは週に1回の仕事ですから
定年退職の生活がシュミレーションできますね

今、お出かけ中です 今日のブログは、予約投稿になります

LA FOLLE JOURNÉE de BIWAKO 「熱狂の日」 音楽祭2017
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017 2017 前夜祭コンサートにいきます
19:00から20:10 びわ湖ホール 大ホールです
演奏曲目
J.シュトラウスⅡ世:「春の声」
オルフ:「カルミナ・ブラーナ」

ラ・フォル・ジュルネびわ湖のチラシ
ラ・フォル・ジュルネびわ湖のチラシ

⇒去年のラ・フォル・ジュルネびわ湖のブログ

今年は、前夜祭、初日、最終日の3日間も行きます
こんなことは、初めてですね
近くにびわ湖ホールがあると、こんな時ありがたいと思います

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

井筒八ッ橋本舗さんの『仙菓 益壽糖』とゴディバのチョコ

今日は頂き物を2つ紹介します
(少し前にもらった物もあります あとで読み直す時の覚書です)

まずは、井筒八ッ橋本舗さんの『仙菓 益壽糖』です

仙菓 益壽糖』 ホームページより

商品説明

京には、最高の仙菓と呼ばれる京菓子があります。古くは江戸中期・享保
年間より、滋養菓子として和漢薬商が全国に頒布していた『益壽糖
それは後に、食が細い皇太子(後の大正天皇)を案ぜられた明治天皇の命
によって、和漢の妙薬を加えた銘菓となりました
この『益壽糖』を皇太子は大変好まれ、食欲も回復、健康を取り戻されたと
いいます そして300年近い歴史を経た現在、幻の仙菓の秘法は、
白井洪庵ただ一人に伝承されたのです
主原料のもち米、蜂蜜、和三盆糖に高麗人参、霊芝など和漢成分9種類を
加えています 気品に満ちた香りと豊潤な味わいが広がります。


井筒八ッ橋本舗さんの仙菓 益壽糖
井筒八ッ橋本舗さんの仙菓 益壽糖

このお菓子は、生八つ橋に近いものですね
我々が食べているのは、中に餡が入ったものです
これが登場した時は、画期的な商品だと思いました
それまでの、固い八つ橋は、苦手なお菓子でしたからね
餡がなくて、1袋に3枚の生八つ橋 でも高級感がある味でした

もう一つが、ゴディバのチョコレート 有名ですね

白いチョコ 「クールブラン」
ヘーゼルナッツプラリネをホワイトチョコでコーティング
段々のチョコ 「ザッハトルテ」
ダークチョコガナッシュをチョコソースと組み合わせダークチョコで包みました
ミルクチョコの板チョコ 「カレ ミルクストロベリー」
ストロベリーの小さな粒が入ったミルクチョコレートです
最後は、「カレ 85%ダーク」
カカオ85%のダークチョコです 


ゴディバのチョコレート
ゴディバのチョコレート

「クールブラン」  中に入っているヘーゼルナッツプラリネの香りがいいですね
「ザッハトルテ」  チョコレート好きにはたまらない 色々なチョコを楽しめます
「カレ ミルクストロベリー」 ミルクチョコとイチゴですが、とっても不思議な味でした
                  2つの味を合わせる分量で、こんな味になるのかな
「カレ 85%ダーク」     しっかりした苦味ですね 爽やかな後味です


ごちそうさまでした

テーマ:頂き物 お土産 おすそ分け - ジャンル:ライフ

信楽の陶成アートギャラリーさんに行きました

前日のブログの続き
ご厚意に甘えて、鈴木大弓さんと山口真人さんとご一緒に信楽に向かいます

来月も信楽作家市で、信楽には来る予定なのですが
澤 克典・山口真人 陶2人展が、4月30日までなので、来ました

信楽作家市に来る話をしていたら松本伴弘さんの奥さんが参加されているそうです
作家市に行ったらちょっと気にして、作品を見てみましょうかね

ネットで会場の写真(作品)を見ていたので、来ないと後悔しそうでした
作家さんと一緒にお店に入るなんて、ちょっと変な気分です
お二人は、陶成アートギャラリーさんに挨拶されたら、出られました
朝宮に行かれたのでしょうね 今夜、また澤さんの窯にも行かれるのでしょうかね
本当にありがとうございました 楽しい話が聞けました

陶成アートギャラリー
陶成アートギャラリー

ネットで見た作品写真と実物とに違いなどあって(小皿と思っていたら中皿でした)
縁がなかったですね 大きさ以外でも、厚みや重さなど写真から受ける印象とは
異なることがあります 実際に見て触って分かることですね
代わりにと言っては、語弊がありそうですが、こちらの器にビビッときました

山口真人さんの器               澤克典さんの器
山口真人さんの大皿  澤克典さんの汲み出し

皮ごと食べれる葡萄              筍の炊いたん
皮ごと食べれる葡萄  筍の炊いたん

山口さんの作品 琳派シリーズと言うのでしょうか このようなデザインの器を
最近よく見ます 織部の緑の釉薬の深い色に引き込まれました
澤さんの作品は汲み出しと書かれていました 茶托を敷いてお客様にお茶を
出す時に使うのかと思いましたが、このサイズ 小鉢としても使えますね

他にも、欲しくなる器がありましたが、そんなに買ったら楽しみがなくなるので
次回に取っておきます

信楽と言えばタヌキですね 小さい物は、我が家にもありますよ
2017-04-26(02).jpg

信楽高原鉄道                 つり革の忍者が可愛らしいですね
2017-04-26(05).jpg  2017-04-26(06).jpg

思っていた時間より早く家に帰れました
幸せな1日でした 頑張って、仕事をして器代金を稼がないといけませんね

テーマ:陶器が好き♪ - ジャンル:ライフ

プロフィール

ヨッシィー

Author:ヨッシィー
還暦過ぎたおじさんです。
出身は大阪ですが、滋賀に住んで4X年です

家族は4人で、長女・次女とも家を離れました。

家内と2人暮らしになり、ブログをすれば、生活に活気がでるかと思い始めました。
趣味の陶器やお箸置きの話を中心にブログを書いています

ブログの写真はクリックすると拡大します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR